下葺材の劣化 | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ご覧頂きましてありがとうございます。
尾籠瓦工業です。

今回は、下葺材についてお話します。
当社では、瓦の葺替えや葺き直しをさせていただいてます。
その際、建てられて30年前後のものが多いです。
コンクリート瓦であれば塗装の上塗りをされてたり、陶器瓦であれば瓦止めなどが施してあり、メンテナンスされてるなぜと感じます。
メンテナンスで悪くなさそうな見た目でも、その下が痛んでる場合もあります。。

それは、下葺材の劣化です。

ルーフィングは、品質の種類や屋根や土地環境によって痛む速さが変ってくるため、確実に何年耐えるとはいえませんが陶器瓦よりも短いです。
ちなみに、陶器瓦は30年以上は耐えるといわれています。(塩害や寒冷地以外ではですが)

基本は、瓦が雨を防ぎますが年数や外的衝撃により瓦のずれや割れなどが生じます。
そこから落ちてくる、あるいは染みてくる水を防ぐのが下葺材のルーフィングになります。
よって、瓦の施工が第一に重要で、万が一の為の保険がルーフィングです。

なので、業者によってはルーフィングを防水シートという会社もあれば、職人の滑り止めという会社もあるくらい
ルーフィングの捉え方が違います。

現在では防水機能も向上してきており、予算の限り出来るだけいいものを使って耐久性をあげ、雨漏りを防いではどうかと当社は考えます。
もちろん、ルーフィングがよくてもその施工法(貼り方)が悪ければ雨漏りにもつながります。

良いルーフィング、良い施工、それがあって良い瓦葺ができます。

築2、30年以上の家をお持ちのお客様は、下葺材は大丈夫でしょうか?
上記の画像のように、もし瓦が水を防ぎきれずに下葺材まで来てしまったら、もう雨漏りになります。

見た目で大丈夫でも中身はどうでしょうか?気になればご自身で瓦をめくってみてはいかがでしょうか?
不安であれば弊社へ、ご相談ください。