城南区 屋根瓦の葺替 ① | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

今回は、屋根瓦の葺替えをご紹介します。

 

最近天気がよろしくないなか、いい天気の日に葺替え作業にはいりました。

お庭や玄関門などにより、前日に足場をかけたりしています。

 

瓦の老朽化が進んでおり、場所によっては歩くだけで割れたりしました。

安全と作業効率を考え、はしごから遠いところから瓦をはいで行きます。

 

瓦をとり終わると、古い桟木や下葺材(ルーフィングや防水シート)を取り除いていきます。

土は棟で使用していたものが崩れて散らかってるので、後で取り除きます。

 

今回は、野地板がベニヤ板を使用されており、新しく瓦を葺くには問題があった為、

撤去しています。

下屋も同様の作業を行います。

 

次に新しい野地板を貼っていきます。

軒先と破風側は色が違って見えますが、これは軒天(軒先の天井)部分で下から見える為、塗装をした化粧板を貼っています。

 

 

 

下屋二つともの同様の作業をしています。

 

本日は、ここまでです。

また後日この続きをご紹介します。