城南区 屋根瓦の葺替 ② | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ご覧いただきありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

前回は、古い瓦と下葺材や桟木、野地板の撤去を行い、新しい野地板に張り替えたところまでをご紹介しました。

今回は、先週の続きを紹介します。

 

野地板貼り付け後は、下葺材のルーフィングを貼り付けていきます。

 

ここまで来ると作業も中盤です。

 

次に、桟木を打ち付けていきます。

桟木は瓦がずり落ちないように、引っ掛ける木材です。

それが終わると、屋根に新しい瓦を並べて葺き始めます。

 

当たり前ですが、軒先から葺き始めます。

瓦の種類によってですが、縦に葺いたり、画像のように千鳥模様になるように、横葺したりします。

 

今回のように谷があるところは、電気工具で切り合わせていきます。

 

もうすぐ完成間近です。