新発売のパナソニック・ハーフモジュールってどうなの? | 福岡市南区の尾籠瓦工業

さぁ、今回はパナソニックのHITシリーズで初となるハーフサイズのモジュールについて

我が家は配置変えれば載るのでは?という疑問にお答え致します。

 

まずこのハーフモジュールの1番の使いどころは、寄せ棟の屋根であること

そして次に、切妻屋根だがあと少しの寸法が足りなくて通常サイズのモジュールを

載せることが出来なかった、というケースでしょう。

 

切妻屋根の場合、横方向寸法はすぐにわかるので

載せられるかのどうかの判断はその場で出来ます。

※パワコンの回路数でNGとなる事もあります、昇圧回路を入れてまでつける必要はないでしょう。

 

CADを使って、あるご自宅の1例を見てみましょう。

まず棟から設置不可範囲を200ミリ避けます。(画面では200.14ミリです。)

そして避けた場所から今のモジュールの角までの寸法が①402.47ミリとなっています

③818ミリがハーフモジュールの横幅寸法ですので402ミリ×2ヶ所=804ミリ。

ギリギリですが寸法が不足しています・・・。(モジュールの幅818ミリ)

と言うことでこちらの1面に対しての追加モジュール枚数は0枚となります。

これでは載せられないことになってしまうので

この寸法が合計で850ミリということで仮定してみましょう。

 

116w × 3枚 = 348w

348w × 90% =313w(0.313kw)

0.313kw × 5時間/1日発電 = 1.565kw

1.565kw × 38円 =59.47円

59.47円 × 365日 = 21,706円

 

この計算では100%発電した時の計算なので

ハーフモジュールで実際にこんな金額をはじき出すことは出来ないでしょう・・・。

何より3枚ではほとんど変化が見られないですね。

しかしこれが1面のみでの事例です。寄棟設置となれば最低でも2面以上は

設置される方がほとんどであり、この上記条件に沿って1面3枚ではないケースもあります。

 

しかしながら、もし1面のみでの3枚追加というケースならば

充分にお客様と検討し決める必要があると考えます。

寄せ棟の多面設置であり、かつ必要な寸法が得られることが条件ですね。

 

 

【太陽光の豆知識】

パナソニックのiアモルファス、この影響で3年~15年の間に

発電効率が下がる!と言われることがありますが、全くのデタラメ情報です。

iアモルファスは界面状態での改善、ようは作られた電気の消失を軽減し

生かすことの出来るものであり、直接電気を生む側のシリコンではありません。

 

よって発電効率が下がる事はないのです。

モジュールとしての経年劣化はどのメーカーも当たり前のようにありますが

iアモルファスが影響を与えていることはありません。

だからこそ各国産メーカーがハイブリットタイプに対して一目おくのです。


最後に、これくらいならと載せる業者さんもいますが

後々の保証で1つでも拗れるような施工箇所があると

一番困るのはお客さまになりますので

無理なレイアウトだけで考えず、ちゃんと対応してくれる営業マンなどに

相談出来る方がいる販売・設置店をオススメします。

悪徳業者はもちろん、押し売りに近い業者さんには注意しましょう。