東区 瓦葺替工事 その2

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

前回の続きになります。

瓦を剥いだ当日に、野地板を張替え、ルーフィングを貼り終えるところまで行っています。

次の日からは、桟木を打ち直し、必要な箇所には板金をいれ、瓦を葺いていきます。

 

瓦葺きが終わり、次は棟取りです。

画像は、南蛮漆喰をなで終わりのしを置く、手前です。

 

のしを1段おいて、2段と仕上げていきます。

その際に、のしがずれないようにコーキングしたり、結束したりします。

 

こちらのお宅では棟は3段で終了です。そして冠をのせて終了です。

横に縦に斜めにと良いラインが走っています。

 

雨漏りしない、綺麗、強度を重視した施工を心がけています。

お客様も喜んでいただいてなによりです。