東区 瓦葺替工事

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

今回は、和瓦の葺替え工事を紹介します。

 

工事しなくてもよさそうですが、近くで見てみると・・・・。

築40年で野地板がベニア板ということもあり、波打ってるせいで瓦にズレや隙間が多く見られます。

 

また、経年劣化により瓦がぼろぼろです。

 

今回の葺替えのきっかけが雨漏り。

垂木の腐敗と野地板の張替えも必要になり、葺替えとなりました。

 

まずは、瓦を剥いでいきます。

剥いで見ると、ルーフィングはボロボロ、桟木も腐敗、谷の板金も穴あきと葺替え工事に踏み切られて良かったと思います。

また野地板に見えるオレンジ色の砂、これは瓦が劣化により砕けた粉です。

瓦が弱ってた証拠です。

 

次に野地板(今回はベニア板)を取り除きます。

腐敗している垂木は交換、屋根裏の掃除を行います。

 

新しく野地板を張り直します。

 

最後にルーフィングを貼って、本日は終了。

 

新しくなっていくっていいものですね!