棟と面土について

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

点検・見積での写真です。

 

棟の面土が剥がれています。

このままだと棟の土が雨を吸い、いずれは雨漏りにつながります。

また土がもろくなり、雨で流れ、棟が崩れることもあります。

 

面土を漆喰工事を行うか、もしくは棟の取り直しがいいと思います。

 

面土漆喰も施工を間違うと雨漏りの原因となります。

既存の面土を剥がずに、適当に上塗りをする知識の無い業者がいます。

 

見た感じ綺麗な気がします。が、面土の面とのし瓦の面がほぼ同じ。

こうなるとのし先から面土とのしの隙間から雨水が入り込んでしまいます。

通常ならなかなか出来ない雨染みがすでに出来ています。

正しい施工の場合、雨水は面土に当たらない施工になっています。

 

お客様にとって、見た目とお値段はとっても大事かもしれません。

ですが、それ以上の費用がかかっては意味がありません。

正しい知識と正しい施工、そして見た目です。

気になることがあれば、まずは尾籠瓦工業にお問い合わせ下さい!