棟の積み直し修理 古賀市 | 福岡市南区の尾籠瓦工業

いつもご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

今回は棟の積み直し修理の紹介です。

本来は棟の面土塗りなおしでお伺いしたのですが、2階の棟がずれてる。

見た目はわかりませんでしたが、銅線だけで支えられてる状態。

もう一度地震に遭えば完全に崩れ落ちると判断。

お客様に相談し、2階の棟が全て取り直すことに。

 

まずは既存の棟を撤去。

中の土がボロボロです。

 

半端の瓦の切り合わせを行い、瓦がずれないように南蛮を下に引きます。

 

棟をとっていきます。

 

熨斗のきり合わせのばっちり。

また崩れないように熨斗を銅線で固定し、シリコーンでラバー止め。

 

そして完成です。

 

今回の原因は、たぶん10年前の西方沖地震だと思います。

原型は留めていたが、中が危険信号状態でした。

そのようなお宅が実は増えています。

 

揺れや雨風で少しずつ棟の中の土が流れ出し、棟の強度が弱くなったり、雨漏りしたりします。

気になる方はぜひお気軽に尾籠瓦工業までお問い合わせ下さい。