熊本地震被害 棟修理

いつもご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

日々の晴天に恵まれ、夏の暑さに耐えながら、頑張っています。

先日も熊本へ、屋根修理にいってきました。

 

 

棟が崩れており、シート養生が施されていました。

 

早速とりかかり、不要なものを取り除き、一部補修でルーフィングを張り直します。

今回もガイドライン工法により、金具を取り付けていきます。

 

南蛮漆喰で棟際の瓦がずれないように固めていきます。

 

 

次に金具に木材を通し、高さのちょうせいを行います。

 

木材の周りに南蛮漆喰を置き、なで上げます。

 

最後に棟の瓦を左右のバランスを見ながら乗せて、ビスで固定します。

 

完成です。

 

棟瓦ガイドライン工法で施工することで、瓦を野地板と一体化します。

よって地震や強風にも強い、棟になります。

 

熊本の方で今工事待ちの方、また崩れてないけど心配な方。

もちろん福岡の皆様、興味がりございましたら、お気軽にお問い合わせください!