瓦の下葺材 | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

今回は瓦の下葺材についてです。

以前もこのことについてはご説明したことはありますが、

以前、屋根変えをさせていただいたお客様の屋根をご紹介させていただきます。

 

セメント瓦で綺麗に塗装もしてあり、問題は感じられません。

2~30年近く使用されていて、洗浄と塗装を何度かされたそうです。

 

ですが、瓦を取り除くとどうでしょうか?

経年劣化により、痛みが激しいです。

問題点としていくつかあり、まずは瓦を引っ掛ける桟木が劣化して瓦がずれやすい状態。
ずれた際には劣化した下葺材にひっかかり破けると考えられます。

次に、見た目として紙がすでに破けていて、水の染み跡がある。

ということは、雨漏りの可能性が高くなるということです。

 

下葺材を綺麗に撤去すると、、、、

野地板が出てきます。見た目は綺麗そうですが、
よく見ると、板に水のあとがあります。
またこれだけ隙間があると、 入り込んだ雨水が直接天井に落ちてもおかしくありません。

 

最終的にこの現場では、野地板を張替え、下葺材となるルーフィングを張り、桟木を打ち、新しい瓦にしました。

 

屋根は見た目も十分大切ですが、その下も大切です。

10年毎に、いや5年毎にでもごも点検をご相談ください。