福岡市南区・鶴田のガラス瓦施工③ | 福岡市南区の尾籠瓦工業

前回で屋根上の工事がほぼ完了しました。

その段階で、屋内の下から見たらどうなの?と気になるところですが

それは最後に取っておいて、今回は瓦の葺き戻しを紹介します。

ガラス瓦の入らない場所から葺き戻していきます。

 

そしてガラス瓦を入れて完成! とはいきません。

他の瓦との仕上げ具合やぐらつき、瓦が浮いていないか職人の目で再度確認していきます

ちなみに↑上写真はその真っ最中、邪魔をせずに撮らせて頂きました。(写真人物・末永さん)

 

ようやく確認を終えたら最終工程、コーキングで瓦の外れ防止を施します。(↓下写真)

それぞれ瓦の角にコーキングを施し、瓦止めの最終工程が完成となります。

もちろんヘラで仕上げて、もっときれいな状態にします。

 

ここで〇印をしている部分に注目、銀色の金具らしき物が見えるかと思いますが

ガラス瓦施工の際に同梱されている瓦止めの金具になります。

2つの瓦の間に入れ込んで、桟木に打ち付けて固定する物となります。

このパーツを使用することで、更に今まで以上に強固な物と仕上げることができますね。

さて次回はいよいよ、ガラス瓦施工の完成写真をご覧頂きます♪