福岡市南区・鶴田のガラス瓦施工ラスト | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ガラス瓦の施工紹介もいよいよ最後となりました・・・。

後は単純に完成写真だけなのですが、ハイこれですと写真を貼るのも

何だか味がないというか、なんと言うか・・・。

っと脱線してしまいましたね・・・、では屋根上の写真から順に紹介していきます。

見た目として、皆さんどうでしょうか?

通常の規格品としてガラス瓦が8枚に、枠がセットになっています。

このセット品はそこまで高額なものではありませんが、工事そのものは

結構なお値段になってしまいます・・・、理由は大工工事も絡むと言う点です。

位置が決まって下地に穴があけば屋根上工事は1時間程度で

工事・片付けまで終了します。 残りの大工工事はほとんど1日仕事になるでしょう。

 

それでは屋根上が完成したので屋内から見た写真を1枚。

この後、大工工事にて開口部分の周りを化粧で隠して仕上げていきます。

通常はコンパネに石膏ボードを貼ったり、そのまま石膏ボードだけで仕上げたりと

さまざまありますが、今回はまだ未定です。

設置場所を選ぶことになりますが、電気工事をして廊下灯で明るくするのもアリなんですが

自然の光の優しさに触れると、なかなかいい感じですよ。

一箇所すると、癖になって追加でやる方が多いのも特徴でしょうかね。