耐風・耐震の瓦屋根ガイドライン工法

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

つい最近起こった熊本地震、そしてこれからは台風シーズン。

考えただけで不安になります。

 

そこで当社では、一般社団法人 全日本瓦工事業連盟推奨のガイドライン工法を守って施工しております。

ガイドライン工法とは、簡単に説明すると強い地震や風に耐えるために定められた施工法です。

 

お客様へ案内する際に、瓦は防災瓦を進めるようにしています。

防災瓦とは瓦同士が施工時にかみ合うような構造を持ち、台風や地震に強い瓦です。

 

また棟の施工の際は、土だけではなく、野地板に金具を打ち、棟と野地が一体化するような施工を行っております。

これにより格段に揺れにつよく、突風にも強くなります。

 

これから工事をされるから、工事をしようと考えられてる方、興味をもたれた方お気軽にお問い合わせください。