雨の日だからこその屋根点検 | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ご覧いただきありがとうございます。
尾籠瓦工業です。

本日は、朝から久しぶりのまとまった雨です。
2、3日は続く予報で風も強いので、外出時は十分にご注意ください。

弊社は、この雨だと現場作業は中止になります。
ですが、みなさんにとっても憂鬱なまとまった雨の日はちょっと点検してみてはいかがですか?

やはり雨の日に1番わかりやすいのは、①家の窓・サッシ付近、②天井の雨漏り確認と、③雨樋いです。

①家の窓・サッシ付近ですが、風が強い雨の日などは風と一緒に雨が隙間から入りこみやすくなります。

通常は板金や下葺き材(ルーフィングなど)で防いではいますが、酷い場合は、窓下ののしが崩れたり、家の中からでも窓の下に雨にじみができたりします。
まずは、壁が湿ったり濡れていないか、また壁の奥で水が滴る音がしていないかなどを確認してみてください。

②天井ですが、やはり被害が一番で多い場所です。

ただ天井といってもいろいろあり、部屋天井、押入れ天井、外の軒先天井などがあります。
天井は、屋根瓦のどこからか入り込み、下葺き材(ルーフィング等の防水シート)を通って屋根裏へ、そして柱などを伝い、または滴り落ち、天井にきます。
それが目に見える場所であれば、気づきますが、目に見えない場所であれば被害はかなりのものになります。
まずは、目で見て確認。そして、音を確認してみてください。最後に、見れれば屋根裏をのぞいてみてください。
軒先天井は家の外からが見やすいです。

③雨樋ですが、雨が雨樋からあふれていません?またはゴミがつまっていませんか?

雨樋は、玄関などで人が雨に当たらないようにするためだけではありません。家を守るためにあります。
まずは、騒音。例えば、2階で落ちた雨が流れ1階の屋根に、2階からと1階に落ちた雨が地面へ流れます。
滝のようになり、落ちるたびに凄い音とあります。
次に水害。2階から1階の屋根に落ちる際に、音とともに屋根も痛めることになります。
もちろん、またその1階の雨が地面に落ちるとその威力で地面がえぐれてきます。
えぐれに水がたまに、水はけが悪くなり、地盤が弱くなります。また水しぶきが壁などにあたり、壁の腐敗につながります。
意外と大事な雨樋です。
弊社では部分的な架け替えや修理、掃除等を行っていますのでご相談ください。