雨漏り修理:谷板金の入れ替え(尾籠瓦工業)

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

涼しくなったり、暑くなったり、今日から雨が続いたりと、

体調管理が難しい今日この頃です(^^;

 

さて、今回の施工紹介は谷の雨漏り修理ついて紹介します。

 

谷とは、下の写真のように瓦の異なる方向の流れが合うところにできる谷状の部分の事を言います。

写真を良く見ると、筋のような跡が見えます。

 

画像をアップにしてみます。

(この写真の場合、水の流れは左から右に流れていきます。)

 

瓦から谷に流れ落ちた時の後がついています。

谷には、雨水を受けて雨どいへ流す為に板金を用います。

その板金も十数年前は、銅板が使われていました。

 

では、瓦を取り除いてみてみましょう。

指してる辺り、または赤丸で囲んでいますが、穴が開いています。

(穴が解りにくいかもしれません)

 

原因としては、簡単にいうと銅板が雨で侵食・腐食したことが原因です。

詳しく言うと、酸性雨により銅板の劣化や瓦の釉薬が銅を腐食させるなど言われています。

また酸性雨や瓦の釉薬が混じった雨水が銅版の一定箇所に流れ落ちたことによる侵食が原因です。

 

次に銅板を撤去してみると。。。

職人が指を指している場所に雨染みが出来ています。

この雨漏りが野地板の腐食や柱の腐食、酷ければ家の中まで落ちてくることになります。

 

では、早速修理開始です。

 

ルーフィングを引き、防水対策をします。

その上に、ガルバニウムの谷板金を収めていきます。

今では、ガルバニウムやステンレス材などがあり、穴が開くということが少なくなってきています。

 

瓦を葺き戻しながら、谷の部分が直線状になるように切りそろえていきます。

 

ご自宅の家はどうかなと不安な方は、お気軽にお問い合わせ下さい。