須恵町の屋根瓦葺替え工事 | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

先日、作業が終了した葺替え工事を紹介します。

2階建てのご自宅ですが、2階の屋根は何年か前に葺替えされていました。

今回は1階屋根の葺替えを希望ということです。

 

まずははしごの設置はもちろんですが、玄関上の板金屋根を傷つけないようにや

カーポートや波板などを破損させないようになどの防護策も施してからの作業になります。

もちろんお隣様との近い場合などは、ごみや瓦が落ちていかないようにも工夫します。

 

既存の瓦はセメント瓦で葺いてあり、これを撤去して三州産の防災陶器瓦を葺替えます。

 

まずは棟から取り壊して、地瓦、そして壁周りののしを外していきます。

こちらの屋根では棟は土を使われていました。

施行された業者によっては土の代わりにセメントで固めてある場合もあります。

その際は解体するのが非常に大変で時間がかかります。

また当社の産廃回収業者さんはセメントと土は混ぜることは出来ない為、

土だけを土のう袋に詰めていきます。

 

 

瓦を撤去し、桟木や古いルーフィング(防水紙)も撤去して、綺麗に掃除します。

今回は野地板はそのままで、新しい野地板を上から重ね張りしていきます。

野地板の状態によっては、板を剥ぎ取ることもします。

その際は屋根裏にもごみが落ちる為、屋根裏の掃除もかかせません。

 

既存の垂木位置にあわせ、新しい野地板をカットしながら打ち付けていきます。

これで野地板の補強が完成です。

 

次にルーフィング(防水シート)を貼っていきます。

貼り方にもルールがあり、間違った貼り方をすると、もし雨がルーフィングまで侵入した際に

雨漏りしかねません。この段階から知識と雨漏りに対する考えが施されていきます。

 

屋根の大きさにもよりますが、これで1日目が終了です。

瓦や出たゴミはダンプ2台分になりました。

 

2日目。

瓦を葺く為の桟木と今回棟は耐震施行の強力棟になる為、専用の金具を打ち付けます。

瓦の寸法に合わせ桟木を打ち、強力棟の金具も強度が保たれる間隔で打ち付けていきます。

 

次に瓦を運び並べ、瓦を葺いていきます。

棟際は棟芯にそって瓦をカットし、強力棟の金具に防腐木を固定します。

 

棟芯に防腐木を通し、そこに南蛮しっくいでなで上げて、

今回は7寸丸棟瓦を収めていきます。

最後に棟瓦を防腐の木にビス止めして完成です。

ビス止めすることにより、防腐木と棟瓦が一体化し、防腐木は金具とその下の野地板と一体化しているので、

台風で棟瓦が飛ばされる事や自身で崩れる心配がありません。

また瓦を止めたビスもゴムパッキンがついたビスなので、瓦とビスの隙間から

水が浸入することもなくなります。

 

こちらのお客様の屋根工事で4日かかりました。

屋根の大きさや形、施行する瓦の種類によって日数は変ります。

車から屋根までの距離が遠い場合なども、作業日数は増えていきます。

 

日数が増えると雨の心配などもありますが、職人は常に天気を頭にいれながら仕事をしています。

葺替え途中でも雨を絶対にもらさないように心がけていますので、ご安心下さい。

 

またこの強力棟は屋根瓦の葺替えを行わなくても棟の取替えという形で施行は可能です。

 

ご興味がありましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。