2階屋根のみ瓦葺き替え工事 春日市泉 | 福岡市南区の尾籠瓦工業

いつもごらん頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

先日葺き替え工事に行って参りました。

今回のお客様は数年前にも葺き替えをさせて頂いたお客様です。

その際は1階部分の屋根のみ葺き替えしました。

今回は2階部分の屋根の葺き替えと波板の交換、雨樋の取り替えです。

 

まずは瓦や参木、ルーフィングなどの下葺材を撤去して掃除します。

野地板の強度が弱い為、新しく板を重ね張りしていきます。

 

ルーフィングを張って参木を打っていきます。

 

次に瓦を葺いていきます。

棟際も瓦を切って半端の瓦を葺きます。

 

 

 

南蛮で土台をひき、棟をとる準備をします。

また今回は耐震施工による棟とりです。

 

熨斗を1段、2段と取り、途中で木材を金具に取り付けます。

 

熨斗は向かい合わせで銅線で結び、コーキングでも固定します。

 

3段目を取るときには木材が棟の中に隠れます。

 

 

最後に棟の丸瓦を納めます。

瓦の上からビス止めします。

そのビスは棟の中に隠れている木材に固定します。

 

丸瓦は棟の中の木材と固定され、木材は専用金具を通して野地板と固定されています。

これにより、台風や地震でも十分耐えれる強度を持ちます。

 

特に怖いのは地震です。

「強い揺れに耐えれたからうちの家の棟は大丈夫だ!」とは限りません。

強い揺れを受けたから、棟が弱ってる可能性があります。

それは見た目ではわからず、棟を点検してみないとわかりません。

 

気になる方、気軽に当社までご連絡ください!