瓦葺替え工事 福岡市城南区七隈 | 福岡市南区の尾籠瓦工業

ご覧頂きありがとうございます。

尾籠瓦工業です。

 

今回は瓦の葺替え工事になります。

雨漏りなどはないですが、瓦の劣化と古い瓦の為重さがあります。

新しい瓦にして屋根の軽量化を行います。

美的にも良くなりますし、雨風の心配も減ります。

また軽くなることで耐震施行にも繋がります。

今回は換気棟を取り付け、瓦も鶴屋さんのすーパートライスマートのクールブラックを使用し、遮熱処理が施してある瓦になります。

 

では、さっそく。

既存の瓦や桟木、ルーフィンなどを撤去して、野地板の状態にします。

葺替え前

野地板に腐りなどもなく、厚さも問題ないため、隙間があるところの補修のみでいきます。

 

そしてルーフィング張り。葺替えの際は質のよいルーフィングをオススメしています。

やはり強度が違います。

今までは付いていなかった、換気を施行します。マニュアルに基づいて開口し、施行します。

 

 

谷の板金などを収め、桟木を打っていきます。また棟は強力棟を施行します。耐震施行です。

 

瓦が葺き終わり、残すは棟のみ。

 

野地板につけた協力棟に木を通します。この上に棟瓦が乗り、ビスで固定する為、棟の瓦が落ちたり、飛んだりといったことがなくなります。

 

通常は木の周りに南蛮漆喰という土の代わりで固めるのですが、お客様の要望で軽量化を図る為、

粘着性と防水性のあるシートを貼り付けていきます。

その上に棟瓦を固定していきます。

 

完成!

 

完全フラットな瓦なので見た目を凄く綺麗です!

遮熱性のある瓦と新たに施した棟換気。

今年の夏の日差しがどれだけ和らぐかたのしみです。

 

下屋も順調に終わり、お客様も喜んでいただきました!

 

今回の瓦や棟換気が気になる方はお気軽に尾籠瓦工業までご連絡ください。