コンテンツ

社長挨拶

代表取締役 藤原 秀徳

代表取締役 藤原 秀徳

私達、尾籠瓦工業の社員一同は、日本の伝統美である美しい瓦屋根の町並みを後世に残していく為に、代々受け継がれてきた瓦葺きの技能を継承し、更に新しい技能を模索し取り入れながら、より丈夫で長持ちする屋根をお客様にご提供させて頂くことを我々の使命と考えます。

屋根は家を守る最も大切な場所の一つです。そして、家の風格・美しさを左右する重要な場所です。瓦葺きの屋根の魅力はなんといっても見た目の美しさです。焼き物ならではの高級感・重厚感・ナチュラル感を兼ね備えています。そして和風・洋風を問わず、あらゆる建築物にマッチするように、様々な色や形の瓦があります。

「瓦はなぜ、日本の住宅の屋根に 1400年もの間 使われ続けてきたのでしょうか?」

それは、瓦が屋根材の中で最も耐久性があり、通気性・遮音性にも優れ、高温多湿の日本の気候に最も適した屋根材だからです。瓦は屋根の上という最も過酷な条件下にあって、30年以上、ときには50年以上も品質・性能を維持し続けます。土から作られた焼き物なので太陽熱も吸収してくれますし、雨音も気になりません。さらに、瓦葺きの屋根は瓦と下地の間に通気層があり、空気が流れるので屋根の下地を長持ちさせます。

このように瓦は高温多湿の日本の気候に最も適した屋根材なのです。しかし近年、地震やその他の自然災害(台風・竜巻 等)があるたびにTV等で放送されている映像を見ますと、必ずと言っていいほど、飛ばされた屋根、倒壊した家屋、散乱した瓦等が映し出されます。それにより「瓦は危ない」「瓦屋根の住宅は重いから地震に弱い」という風評が広がってしまっています。

しかし、専門家による原因究明が進むにつれ、実は建物の倒壊の原因は屋根の重さではなく、建物そのものの躯体(柱・土台・壁)等の軟弱さにより壊れたことが解ってきました。屋根の軽量化を奨めるよりもまず、
「瓦を載せられないような家で大丈夫?」「軽い屋根材しか載せられないような家で本当にいいの?」と考えたほうが、より現実的ではないでしょうか。

どんなに薄くて軽い屋根材を使ったとしても、家の土台や壁がしっかりしていなければ安心とは言えません。
屋根材のことを言う前に、先ずはきちんとした家の設計・施工をすることが大切です。