コンテンツ

外壁塗装

工事内容

工事内容
  • 外壁の塗装工事
  • 足場組立・養生・高圧洗浄・ケレン・下塗り・本塗り(2回)

工事が必要な状態

工事が必要な状態

外壁の塗装は塗膜の劣化の状況で工事が必要か否かが一目瞭然です。
一般的にチェックするべき項目としては、

  • 外壁の色がくすみ、変色しているかどうか。
  • 経年劣化により撥水効果が失われ、雨染みや苔が生えている
  • 壁に触れると塗料が付く(チョーキングと呼ばれる現象です)
  • 塗料が剥がれ、下地が露出している

などが挙げられます。 純粋に外観の雰囲気を変え、美観を整えることを希望される方もいらっしゃいます。屋根替えと併せて施工しますと、まるで新築のように住まいの外観を蘇らせることもできます。

工事の流れ

工事の流れ
  • 家の足場を立てて、塗装などの飛散防止のネットを張ります。
  • 高圧洗浄機で壁や板金など塗る部分の汚れを落とします。
  • 塗装が付いてはいけない部分を養生します。
  • 下塗りしっかりと塗ります。
  • 本塗りを2回します。
    ※色見本と色の印象が違う場合があるため、目立たない場所に本塗りをしてお客様に色の確認をしていただきます。
  • 塗り残しがないか確認をしながら、養生を丁寧に外していきます。
  • 足場を解体し、周囲の清掃して終わりになります。